どせいさんの会

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- | Edit
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

アイアン小説執筆未遂

2011/06/26(Sun) 23:27 | Edit
ノート

 街を南下すると海に突き当たり、海岸線は工場地帯となっている。その1キロほど手前に大型スーパーがあって、品ぞろえがいいのだ。質もいい。近所では評判。ネームバリューのある大手ショッピングモールが同じエリアに出来ても、食料品はこっちのスーパーに買いにいくっていう人は多い。「愛王」という。スーパー「愛王」。
 時刻は夕暮れどき。室崎ゴンドはディナーの買い物のため、「愛王」へ車を走らせていた。初夏の空は18時でもまだ青く、しかし道のむこう、「愛王」よりさらに南に見える空は一面くすんだ色を見せていた。林立する工場が吐き出す排気が空にフィルターをかけてしまっているのだ。それにやや臭いもする。
 この界隈の住民は別に工場の排気についてうるさく言わない。むしろもうすこし離れた地域の、でも同じ市内ではあるという距離感の市民たちが環境汚染の4文字を掲げてうるさかった。
 はっきり言って、必要な工場群である。市を支えている。近所の住民はそれがわかっている。工場に勤務している人は千人近くおり、地域の飲食店(主に居酒屋)で作業着姿の男たちが散見され、皆気のいい人物なのだという。それに工場での仕事が何のためか、何に役だっているかを誇らしげに彼らは語るので、地域住民はちゃんと実態を持って工場の価値を知ることができた。
 とはいえ、南の海岸線に目をやるといつでも見える排気のもやは、そこが決して労働環境として良くはないことを示していて、ピュウマは20歳になる息子が心配だった。息子のメタスはもやの下の工場で働いていた。


――という小説の書き出しを、
以前、製鉄会社の社員選考を受けて
結果の通知を待っているときに書きました。

Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Calendar
05 | 2018/06 | 07
c c c c c c c
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。